長崎・道ノ尾駅前 きのした眼科 | 白内障、緑内障、日帰り硝子体手術

診療日のご案内

診察日のご案内

疾患について

  • 白内障

    白内障は、目の中でレンズの役割を担っている水晶体が濁ってくる疾患です。
    原因は様々ですが、多くは加齢によるもので、加齢性白内障と言われます。
    代表的な症状は、視界が全体的に霞む、視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗い時と明るい時で見え方が違う等さまざまです。
    初期の場合は、点眼治療が基本です。日常生活に支障が出てきた場合、手術が行われます。

  • 緑内障

    緑内障は目の奥にある視神経が障害される疾患です。
    緑内障の症状として視野欠損があります。
    緑内障の治療の原則は、眼圧を下げることです。
    眼圧を下げることによって緑内障の症状、すなわち視野障害が進行するのを遅らせることができます。ほとんどの場合は点眼薬で眼圧をコントロールできますが、点眼薬でも眼圧下降効果がない、または視野障害が進行してしまう場合もわずかながらあります。
    この場合には、緑内障手術による外科的治療が必要となります。

  • 加齢黄斑
    変性症

    加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、視野の中心部分が見えにくくなる病気です。物が歪んで見えたり、中心部分が欠けて見えたり、色がおかしく見えたり、見え方に異常が現われます。
    萎縮型加齢黄斑変性症については現時点で有効な治療法はありません。
    新生血管の出現を伴う滲出型加齢黄斑変性症については、新生血管を沈静化させる薬を眼内に注射する抗VEGF療法という方法が一般的です。当院では、日帰りで点眼麻酔にて行います。

  • 糖尿病
    網膜症

    糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として発症する眼の疾患です。
    糖尿病網膜症は糖尿病による動脈硬化が原因で網膜血流が障害されることにより起こります。
    脳梗塞、心筋梗塞と同様に網膜の血流が低下することで目の機能は著しく低下します。
    糖尿病網膜症の早期発見・治療が重要です。
    当院では、定期的な検査・治療を行います。

手術について

きのした眼科では、
日帰り硝子体手術を行っています。

詳しくはこちら

お知らせ

アクセス

  • 電車でお越しの方

    JR長与線 道ノ尾駅下車 徒歩1分

  • バスでお越しの方

    長崎バス「道ノ尾」下車 徒歩5分

  • お車でお越しの方

    JR長崎駅より約20分 / JR浦上駅より約15分 / 赤迫電停より約3分

Google Map